保険診療

  • HOME>
  • 保険診療

幅広い皮膚のトラブルに対応します

皮膚科専門医による信頼の治療

皮膚科専門医による信頼の治療

阪急三国駅ビル内の小林皮フ科クリニックでは、皮膚科専門医が小さなお子様からご高齢の方まで、幅広い皮膚のトラブルに対して的確な診断・治療を行わせていただきます。

保険診療で診させていただく主な疾患は次の通りです。
お困りごとがございましたら、お気軽に当院へご連絡ください。

主な疾患

  • 乾癬
  • アトピー性皮膚炎
  • 白斑
  • 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)
  • 蕁麻疹(じんましん)
  • ニキビ・ニキビ跡
  • 白癬(水虫)
  • 乾燥肌
  • 湿疹
  • あせも
  • かぶれ
  • 手荒れ
  • 肌荒れ
  • とびひ
  • いぼ
  • たこ
  • 魚の目
  • 帯状疱疹
  • 口唇ヘルペス
  • 口内炎
  • 虫さされ
  • 円形脱毛症
  • ほくろ
  • 巻き爪
  • 陥入爪
  • 皮膚のできもの
  • 赤あざ・赤ら顔(酒さ)
  • 外傷(けが)
  • 熱傷(やけど)
  • 日焼け

など

こんなお悩みはございませんか?

  • 乾癬、アトピー性皮膚炎、白斑などの慢性的な皮膚疾患で悩んでいる
  • 赤あざ・赤ら顔を改善させたい
  • 蕁麻疹(じんましん)がなかなか治らない
  • 皮膚がかぶれている
  • 皮膚に湿疹ができてかゆい
  • ニキビ・ニキビ跡が気になる
  • たこ・魚の目ができている
  • お肌の乾燥が気になる
  • アレルギーを調べたい
  • 気になるほくろがある

治療内容

湿疹でお困りの方へ

皮膚にブツブツができている、小さな水泡がある、かゆみをともなっているなど湿疹でお困りでしたら、お気軽に当院へご相談ください。
湿疹を引き起こす原因は食品、ダニ、ハウスダスト、お薬など様々で、かゆみをともなうことが多いためついつい患部を掻いてしまいがちですが、患部を掻きむしると悪化させてしまうことがあります。原因追及の為に、アレルギー検査を行うこともできますので、皮膚科へご相談いただいて適切な治療を受けて効果的に改善させるようにしましょう。

皮膚のかぶれでお困りの方へ

皮膚のかぶれを引き起こす物質は様々ですが、治療に際しては、まずはその原因物質を特定するためにパッチテストを行うこともあります。
原因物質が明確になったら、それに接しないように普段の生活で注意していただくようにします。

蕁麻疹でお困りの方へ

蕁麻疹は早期の対応が肝心です

蕁麻疹(じんましん)とは、様々な原因によりかゆみをともなう発疹ができ、しばらくすると消えてなくなる病気です。
発症後1ヶ月以内のものは急性蕁麻疹、それ以降も症状が続くものは慢性蕁麻疹と分類され、さらに原因に応じてアレルギー性蕁麻疹と非アレルギー性蕁麻疹に分けられます。

蕁麻疹は症状が出たらすぐに対応することが肝心で、抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬、外用薬など症状に応じた適切な治療を行います。

ニキビでお悩みの方へ

ニキビは皮脂の過剰な分泌と毛穴の詰まりで引き起こされますが、大人の方のニキビはホルモンバランスの乱れやストレスなどの生活習慣が複雑に絡み合って起こることが多いため、治りにくい傾向にあります。

治療に際しては、まずはニキビの種類や程度を的確に診断したうえで、外用薬や抗生物質などの内服薬から適切なものを選択いたします。

たこ・魚の目でお困りの方へ

たこ・魚の目は足の特定の部位に継続的に圧力がかかることでできます。
たこには痛みがありませんが、魚の目は芯を持っているため歩くたびに刺激を受けて痛みを感じるようになります。

通常、外用薬を使用してたこ・魚の目を取り除いていきます。
患部を刺激すると再発する恐れがありますので、再発予防のために普段から履く靴や姿勢に注意する必要があります。

乾癬やアトピー性皮膚炎などの慢性的な皮膚疾患でお悩みの方へ~紫外線療法~

全身型紫外線治療器を導入
最新の全身型紫外線治療器です

小林皮フ科クリニックでは、紫外線療法のための機器として全身型紫外線治療器(ダブリン3シリーズX)を導入しております。
そのほか、ターゲット型ナローバンドUVB照射治療器(ターナブ)やターゲット型照射治療器(エキシマランプ)などの機器もご用意していて、患者様お一人おひとりの疾患・症状に合った治療方法をご提案することができます。

乾癬、白斑、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症、掌蹠膿疱症などでお困りの患者様は保険適用で紫外線療法を受けていただくことができます。

(※紫外線療法について詳しくはこちら

(※ダブリン3シリーズXについて詳しくはこちら

(※エキシマランプについて詳しくはこちら

(※ターナブについて詳しくはこちら

乾癬でお悩みの方へ~乾癬治療~

乾癬とは

乾癬とは、全身または体の一部に、皮膚が赤く盛り上がった湿疹のようなものができ、その表面に粉が吹いてポロポロと剥がれ落ちるなどの症状の慢性皮膚疾患です。乾癬の原因は明確になっていない部分が多く、完治の難しい疾患ですがほとんど無症状にすることも可能です。当院ではクリニックレベルではなかなか受けられない“紫外線療法”を行っており、患者様お一人おひとりの症状に合わせて適切な治療方法をご提案させていただきます。

(※乾癬について詳しくはこちら

(※外用療法について詳しくはこちら

(※内服療法について詳しくはこちら

(※生物学的製剤について詳しくはこちら

乾癬のビタミンD治療

乾癬の外用療法の中心となるのは、“ビタミンD3外用薬”、“ステロイド外用薬”、“配合外用薬”の3種類です。
ビタミンD3外用薬のみで症状のコントロールが可能な患者様は限られていると言えますが、ボンアルファハイ軟膏・ローション、オキサロール軟膏・ローション、ドボネックス軟膏などのビタミンD外用薬と、紫外線療法や免疫抑制薬、ビタミンA誘導体などの内服薬などを併用することで優れた効果が期待できるようになります。
使用するビタミンD3外用薬にはそれぞれ特徴がありますので、大阪大学やアメリカのメイヨークリニックにおいて乾癬・ビタミン研究を行ってきた院長が、豊富な知識・経験を活かして適切に治療を進めさせていただきます。

アトピーでお悩みの方へ~アトピー性皮膚炎と脱ステロイド治療~

アトピー性皮膚炎の治療においては現在もステロイド外用が中心で保湿外用剤、プロトピック軟膏の併用と抗アレルギー剤内服が行われております。患者さんの中にはどうしてもステロイド外用は避けたいもしくは止めたいとの希望をもった方が多く、ステロイドの有用性を説明した上で何とか処方させていただいても、実際には使用されなかったり、直ぐに外用を中断されたりしてコントロールが困難になる方が多く見うけられます。
このような状況下で平成18年4月よりアトピー性皮膚炎に対しても長・中波長紫外線治療が保険対象として認められるようになりました。

当クリニックではすでに乾癬・白斑などの疾患において、多くの患者さんに紫外線治療を行いそのノウハウを持っております。特に近年用いられるようになったナローバンドUVBは海外においてもアトピー性皮膚炎に有効とのデータが出ています。当院では、かなり症状の悪化が見られる人でも外用剤は保湿のみでナローバンドUVBの照射を併用することで軽快する人もおらます。ステロイド外用を避けたいと希望される患者さんやステロイド外用でも効果の得られにくい患者さんには試みるべき治療法と考えます。

白斑でお悩みの方へ~白斑治療~

白斑とは

白斑とは皮膚の一部の色素が周囲よりも薄くなる疾患で、症状が現れる部位によって非分節型、分節型、分類不能型の3種類に分類されます。
後天性のもので徐々に拡大するものを尋常性白斑と言い、白斑の多くがこれに含まれますが、はっきりとした原因はわかっていません。
外傷(けが)、熱傷(やけど)、日焼けなどの外的な刺激、自己免疫反応によるもの、ストレスなどが発症に関わっているのではないかと考えられています。

紫外線療法が効果的です

現在、白斑に対して最も有効とされている治療方法は、ナローバンドUVBやエキシマランプなどによる紫外線療法です。
治療に使用する機器として全身型やターゲット型などがあり、症状が現れている部位や患者様の年齢などにより適切に使い分けております。

お子様の治療も行っておりますので、気になられる方はぜひご相談ください。

赤あざ・赤ら顔でお困りの方へ~Vビームレーザー治療~

米国キャンデラ社製・Vビームレーザーを導入

当院では赤あざ・赤ら顔(酒さ)の治療のために、米国キャンデラ社製・Vビームレーザー(ロングパルス色素レーザー)を導入しております。
これは皮膚良性血管病変治療用レーザー装置の1つで、厚生労働省が保険診療として認可している赤あざなどに対する最新の治療機器です。
単純性血管腫、苺状血管腫、毛細血管拡張症(赤ら顔)などで健康保険がお使いいただけ、さらに赤みのあるニキビ跡、赤く盛り上がったケロイドなどの赤みのある症状に対しても効果を発揮します。

(※Vビームレーザー治療について詳しくはこちら

関西乾癬
サポート
システム

06-6394-3200

09:30~12:30
16:30~19:30

火・土午後、
日・祝休診