生物学的製剤

  • HOME>
  • 生物学的製剤

生物学的製剤による乾癬治療

生物学的製剤とは

生物学的製剤とは、生物が合成するタンパク質を応用して作られた製剤で、乾癬の治療では、外用療法や内服療法を行っても十分な効果が得られない場合や、関節症状がある場合などには生物学的製剤による治療が行われます。

ただし、すべての乾癬患者様に使用できるわけではなく、また日本皮膚科学会が定めた病院・クリニックのみが治療を行うことができます。

生物学的製剤の効果

生物学的製剤は皮下注射や点滴で投与され、免疫機能に関わる物質“サイトカイン”の働きをピンポイントで抑えます。
サイトカインとは細胞から細胞へ情報を伝達するタンパク質で、体内に侵入した異物から体を守る免疫機能に関わるものがあり、乾癬ではこれが過剰に増加することで症状を引き起こしていると考えられています。

生物学的製剤はこのサイトカインに直接働きかけるため、他の治療方法よりも高い効果が期待でき、乾癬の皮膚症状のみならず、関節症状に対しても効果が期待できるようになります。
ただし、サイトカインは免疫機能に関与していることから、生物学的製剤で働きを抑制することで風邪などの感染症にかかりやすくなる恐れがあります。

生物学的製剤の投与

乾癬の治療として使用できる生物学的製剤は数種類あり、日本皮膚科学会が実施を認めた病院・クリニックのみで治療を受けることができます。
基本的に注射や点滴で投与しますが、生物学的製剤の中には患者様ご自身による注射(自己注射)が認められたものもあります。

小林皮フ科クリニックでは今のところ行うことはできませんが、病診連携に基づき必要のある場合には紹介させていただきます。

小林皮フ科クリニック様

〒532-0005大阪府大阪市淀川区三国本町3-37-35 ヴュール阪急三国3F

tel.06-6394-3200

午前
9:00~12:30
午後
16:30~19:30
診療時間 日・祝
午前
午後

※休診日…火曜午後、土曜午後、日曜、祝日

小林
皮フ科
クリニック

06-6394-3200

09:30~12:30
16:30~19:30

火・土午後、
日・祝休診