乾癬とは

  • HOME>
  • 乾癬とは

乾癬とは

炎症などをともなう慢性的な皮膚疾患です

乾癬(かんせん)とは、皮膚が赤く盛り上がった湿疹のようなものが様々な部位にでき、その表面に粉が吹いてポロポロと剥がれ落ちるなどの特徴的な症状をともなう慢性的な皮膚疾患です。
全身に症状が現れる場合もあれば、一部にのみ現れるなど症状の出方は患者様によって異なります。

乾癬にはいくつかの種類があり、それぞれで症状の現れ方は異なりますが、最も多いのは“尋常性乾癬”で、全体の90%程度を占めているとされています。

乾癬の主な症状

乾癬の典型的な症状は、“浸潤・肥厚”“紅斑”“鱗屑・落屑”などで、患者様の半数程度はかゆみもみられ、場合によっては強いかゆみをともなうこともあります。

浸潤・肥厚(しんじゅん・ひこう)

皮膚の細胞が過剰に作られて、表皮が盛り上がります。

紅斑(こうはん)

炎症により毛細血管が拡張して、皮膚が赤くなります。

鱗屑・落屑(りんせつ・らくせつ)

患部の表面に銀白色の細かいかさぶたができ、それがフケのようにポロポロと剥がれ落ちます。

乾癬の原因ははっきりわかっていません

どうして乾癬ができるのかはっきりわかっていない部分は多く、遺伝的な要因に加えて、風邪などの感染症やストレス、お薬の影響などが関与して発症すると考えられています。

遺伝的要因
  • 炎症が起こりやすい

など

その他の要因
  • 風邪などの感染症
  • 皮膚への刺激
  • 季節・気温
  • お薬の影響
  • 飲酒・喫煙などの食生活の影響
  • ストレス
  • メタボリックシンドローム

など

乾癬の治療

様々な効果的な治療方法が開発されています

乾癬は原因不明な部分が多く、完治させることは難しいと言えますが、現在では様々な効果的な治療方法が開発されていることもあり、ほとんど症状がない状態にすることも可能です。
当院へお越しになられている患者様の中にも、頑張って治療を続けられてほとんど皮膚の症状がなくなった方もおられます。
「乾癬は治らない病気」と諦めるのではなく、まずは信頼のおけるクリニックで効果的な治療を続けられることが大切だと言えますので、他院での治療で効果が得られなかった方はお気軽に小林皮フ科クリニックへご相談ください。

乾癬の紫外線療法

乾癬の紫外線療法

小林皮フ科クリニックでは乾癬治療に力を入れて取り組んでいて、クリニックレベルではなかなか受けられない“紫外線療法”を行っております。
全身型紫外線治療器(ダブリン3シリーズX)のほか、ターゲット型照射治療器(エキシマライト)やターゲット型ナローバンドUVB照射治療器(ターナブ)などの機器を充実させておりますので、患者様お一人おひとりの症状に合わせて適切な治療方法をご提案させていただきます。

小林皮フ科クリニック様

〒532-0005大阪府大阪市淀川区三国本町3-37-35 ヴュール阪急三国3F

tel.06-6394-3200

午前
9:00~12:30
午後
16:30~19:30
診療時間 日・祝
午前
午後

※休診日…火曜午後、土曜午後、日曜、祝日

小林
皮フ科
クリニック

06-6394-3200

09:30~12:30
16:30~19:30

火・土午後、
日・祝休診